So-net無料ブログ作成
検索選択

(〃∇〃)ノ☆クリスマスハンバーグ。 [お料理]

2012122410440000.jpg2012122421020000.jpg(*^^)//。・:*:・゜'☆,。・こんばんは。今日は、クリスマスイブですね。☆.。.:*・°皆さまにとって、素晴らしいクリスマスでありますように、お祈り申し上げます。☆.。.:*・°


(*^_^*)(^・エ・^) 今日くらい、コギコにご馳走を食べさせてあげたいけど、彼女はお腹が弱いので、カリカリ(ドッグフードのドライタイプ)しか食べられません。それでもコギコは嬉しそうに笑っているから、私も幸せです。


(*´∀`)♪おじいちゃん・おばあちゃん・お父さんと私は、こんな晩ごはんをいただきました。ぜんぶ手作りです。



【ハンバーグのクリスマスプレート

1。合挽き肉・パン粉・卵・セロリのみじん切り(生のままです)・塩コショウでハンバーグを作る。こんがり焼く。デミグラスソースの缶詰め・赤ワイン・お醤油・味醂で煮込む。

2。ブロッコリーは茹でる。

3。じゃがいもを粉ふきいもにする。パセリをかける。

4。赤と黄色のピーマンをオリーブ油で焼く。

白いお皿にもりつけて、出来上がり。クリスマスカラーです♪


他には…


豆乳コーンスープ、トマトとモッツァレラチーズのサラダ、柚子大根、ヒジキの煮物(!?)炊きたてご飯。


ケーキの代わりに、


りんごのキャラメル煮・アイスクリーム添え。


(;´д`)(^-エ-^)お腹いっぱいです(笑)



2012年は残りあと1週間になりました。


<(_ _*)> この1年、眉犬本舗を訪れてくださって、ありがとうございます。 来年もどうぞよろしくお願いいたします。


それでは…またきっと皆さまとお会いできますように。



愛と感謝をこめて。


りなみ&コギコ。

花梨シロップ。 [お料理]

2012120902370000.jpg2012120902450000.jpgこんばんは。寒いですね。コギコはすっかり元気になりました。瞳きらきら、お鼻つやつや、毛皮ふわふわ、です(笑)


いま、うちの庭の花梨の木が、黄色く熟した実をたわわにつけています。落ちると、驚くほど大きな音がして、コギコが吠えます。すごく良い香りがしますけど、そのままでは固くて食べられません。今年はシロップを作ってみました。



【花梨シロップ】

1。熟した花梨の実をよく洗う。

2。ヘタを取って1/4に切り、種も皮もつけたまま水に漬ける。

3。ひたひたの水で1時間以上煮る。

4。ステンレスのザルで濾す。砂糖を加えて、焦がさないように煮つめる。アクを取りながら、かき回してくださいね。1時間くらいでトロッとしてきます。

5。ガラス瓶に詰めて、出来上がり。花梨5個・お砂糖500gで、500mlの瓶1本分のシロップになりました。お砂糖の量はお好みで加減してくださいね。


(*´∇`*) 煮てる間中、芳香が漂います。お湯割りにして、花梨茶。そのままヨーグルトにかけてもおいしいです。濾した実を加えて煮つめると花梨ジャムになります。味は「のど飴」みたい(笑)甘酸っぱくて、喉が潤う感じです。おじいちゃんおばあちゃんにも、1瓶あげました。花梨酒やハチミツ漬けと異なり、すぐに食べられるところが気に入りました(笑)


。。。φ(ー`*) 「花梨の実煮て濾すしずく茜色」(りなみ作・笑)黄色い花梨の実が赤いシロップになるのが、とても不思議です。


花梨の実は、秋の風雨に傷ついて、いびつな形になっていき、真冬に芳香を放ちます。私のこころの庭にも、やさしい思いやりや、豊かなこころ、生きる喜びなどを実らせていきたいものです。


(^・エ・^) 花梨シロップと並んでいるコーギー犬のぬいぐるみも、手作りです。

それでは、皆さま、お身体にお気をつけてくださいね。良い12月になりますように。



りなみ&コギコ。

とろとろロールキャベツ。 [お料理]

2012111819430000.jpg2012111817450000.jpg(*^_^*)こんばんは。すっかり冬になりましたね。日ごとに年末の足音が聞こえてきて、なんだかあせってしまいます。こんな日は、あったかいものが食べたいですね。


【とろとろロールキャベツ】

1。キャベツを丸ごと蒸して、葉とひき肉でロールキャベツを作る。

2。 ロールキャベツを、ウエイパーとコンソメキューブを溶かしたスープで1時間くらい煮る。

3。大根・人参・生椎茸をウエイパーで1時間くらい煮て、ホワイトソースでとろみをつける。

4。2の上に3をかけて出来上がり。


(人´ω`)ベースはスープ煮なので、さっぱりしています。ご飯にもパンにも合います。


あまったキャベツの葉は、サラダにします。ワカメとツナを足して、和風ドレッシングがおいしいです(写真を撮るのを忘れました…)



すっかりコタツ三昧の私とコギコ。



私は、この冬はじめて風邪をひいてしまい、週末は寝たり起きたりでした。早くなおりたいなー。コギコは寒さに強くてうらやましいです。(でもコタツ犬・笑)


これからますます寒くなりますから、皆さまもご自愛くださいね。



りなみ&コギコ

タコと大根のサイダー煮『卵の緒』 [お料理]

2012092815390000.jpg2012080419200000.jpg2012082509020000.jpgこんにちは。今年の夏の勢いは強かったですね。9月があと数日となって、やっと秋めいてきたみたい♪コギコは大きな耳と小さな身体で、涼しい秋を感じているみたいです。


(*^_^*)今日は、あったかいご飯に合うおかずをご紹介します。


【タコと大根のサイダー煮】

タコと大根を煮るときに、お砂糖や味醂の代わりに、シュワシュワのサイダーを使います。彩りに枝豆をトッピングしました。



このお料理、小説に出てきたのです。読みながら、作ってみたくてたまりませんでした。タコが軟らかくなってとってもおいしいです。


小説の題名は【卵の緒】瀬戸まいこさんのデビュー作。新潮文庫です。ちょこっと、レビューを書いてみます。



【卵の緒】


僕は捨て子だ。

僕が学校で習ってきて、『へその緒を見せて』と言ったら、母さんは卵の殻を見せた。

『母さん、育生は卵で産んだの』と、まじめな顔で言う。


僕は泣きそうになったけど、母さんは思いっきり僕を抱きしめた。

母さんは僕をかなり好きなのだ。それでいいことにした。



小学生の少年・育生と母さん、ふたりきりの家族の物語。



母さんは、お料理がすごく上手で『おいしいものを作ったとき、あぁ…あのひとにも食べさせたいと思う。そのひとこそ、いま自分が1番好きなひとなのよ』と言う。

母さんが思い浮かべた男のひと・朝ちゃんは、うちにやって来て、ハンバーグをおいしそうに、とてもきれいに食べた。僕は朝ちゃんが大好きになった。


母さんの大傑作のにんじんブレッドを食べた僕が、『食べさせたいなぁ』と思い浮かべたのは、登校拒否してる池内君。。。母さんは、『育生が男の子を好きでもかまわないわ』なんて、ズレたことを言う。


育生は、とってもいい子。胸が痛くなるくらい純粋です。池内君との友情は、清々しいです。


母さんは、育生に真剣に、しょっちゅう『好きだ』と伝えます。言葉で愛を伝える素晴らしさ。へその緒がなくても、心と心がしっかり繋がっている関係なのです。


終盤、育生の出生の真実と、母さんと暮らしている理由がわかります。


そして、ラストでは。。。。。



(;_;) 涙を抑えきれませんでした。静かな感動に、胸があたたかくなりました。とっても素敵な小説です。おすすめです。






<(_ _*)> ここまで読んでくださって、ありがとうございます。最後にプライベートなことですが…


この夏、おばあちゃんが血液の稀な病気を発症して大学病院に入院しました。私は付き添いと看病のために、1ヵ月以上もの間、休職せざるをえませんでした。病院と自宅の往復の毎日は心身ともにきつく、車の中で聴く音楽と病室で読む本に癒されておりました。幸いおばあちゃんは先週退院、私も10/1(月)から復職できることになりました。不安でいっぱいですが、初心に帰って頑張ろうと思います。


(*・人・*) 皆さまに良い秋が訪れますように。。。


(人´ω`) 愛をこめて、薔薇の形のバナナケーキを焼きました(笑)



りなみ&コギコより

真夏の食卓。 [お料理]

2012072910520000.jpg2012072915460000.jpg2012072914590000.jpg

(;´д`)ゞ! こんにちは。毎日暑いですね。こちらでは最高気温が37℃を越える日が続きます。まだ7月なのに、気が遠くなりそうです。


(^・エ・^) コギコは氷水を飲んでいますよ。


(*^ー^)ノ♪ 今日は最近よく作っているメニューをご紹介します。



1。ミルクフルーツ寒天。

【材料】粉寒天4g・牛乳600ml・お砂糖60g・フルーツ(缶詰の白桃とミカン・キウイフルーツ)

作り方】お鍋に粉寒天と牛乳を入れ火にかける。
沸騰したらさらに2分煮つめる。
お砂糖を入れて溶かしたら火を止める
タッパーにフルーツを切って入れて、ミルク寒天液を流す。
冷蔵庫で冷やし固める。


(*^_^*)懐かしくやさしい味のデザートです☆.。.:*・°アイスほど冷たくないので、おじいちゃん・おばあちゃんにも好評です。



2。ゴーヤの佃煮。

【材料】ゴーヤ。じゃこ。くるみ。かつおぶし。ゴマ(白と黒)。調味料。(分量はお好みで…スミマセン)

ゴーヤを適当に切って茹でる。

じゃことくるみを空炒りする。

胡麻油でゴーヤを炒める。
じゃことくるみを入れ、お醤油・やんばる糖(黒砂糖)・米酢・お酒・水を入れ、40分くらい煮る。

最後にかつおぶしを入れて、煮汁を吸いとる。白ゴマと黒ゴマを加える。


(*´∇`*) ゴーヤが苦手なおじいちゃん・おばあちゃんも、パクパク食べてくれます。おいしいです。



e(^。^)9 ロンドンオリンピック、始まりましたね。頑張れ!日本!コギコとともに応援しています。晴れ舞台で、努力の成果を出しきる選手たち。フィジカルもメンタルも、なんて強いのでしょう!!ひたすら感動しています。


(´-ω-`) 五輪選手ではなくても、ひとは毎日勇気の量を試されていると思います。自分はいま、職場で厳しい立場にいます。酷暑でも、少しも手を抜ける仕事ではありません。頑張っていきたいと思います。


(*゜.゜)ゞ かたい話になってしまったので、涼しげなコギコ写真をオマケにつけました(笑)



( ´∀`)/~~ それでは皆さま、オリンピックの夏を、お元気でお過ごしくださいね。



りなみ&コギコ。

クロックマダム&ホイップちゃん。 [お料理]

2012052712590001.jpg2012061014030000.jpg2012061016370000.jpg


(*^_^*)(^・エ・^)こんにちは。こちらは梅雨入りしました。

(;´д`)毎日ハードワークで、お休みの日はグッタリしてしまいます。



雨音を聴きながら、好きな音楽を流したり、本を読むのも素敵な時間ですね。




今日はブランチに『クロックマダム』を作ってみました。とても簡単です♪




【クロックマダム】作り方

1。小麦粉とバターと牛乳で、ゆるめのホワイトソースを作っておく(私は電子レンジで作ります)

2。食パンにホワイトソースを塗る。

3。4つ切りにしたロースハムをのせ、目玉焼きものせる(半熟)溶けるチーズをパラパラふりかける。


4。さらに上から、ホワイトソースをかける。好みで塩胡椒、ブラックペッパーをかける。

5。オーブントースターで焼く。

6。ドライパセリをふりかけて、できあがり。


(〃∇〃)付け合わせは、【キュウリとカブの塩麹漬け】。キュウリとカブに塩麹をかけて、一晩冷蔵庫に入れておいたものです。流行りの塩麹、おいしいです♪



デザートがなかったので…100均(セリア)で買った材料で作ったホイップデコ(タルトとマカロン)も載せちゃいます。シリコンクリームのチューブを絞って作ります。タルトにはクリップをつけて、メモスタンドにしました。精巧なスイーツデコには程遠く、おもちゃっぽいですが、これはこれでかわいいなぁと思います。作っていると、コギコが匂いを嗅ぎにきます(笑)



q(^-^q)これから夏に向かって、ますます体力的に厳しくなりますが、コギコとともに頑張っていこうと思います。皆さまもご自愛くださいね。



ヾ( ´ー`)ノ~(^-エ-^) それでは、また!!


りなみ&コギコ。

(^-^)ザワークラウト。 [お料理]

2012050515010000.jpg2012043016000000.jpg2012050515130000.jpg(*^_^*) こんにちは。ゴールデンウィークですね。いかがお過ごしでしょうか。


(*^o^)/\(^・エ・^) 私はコギコとお散歩したり、本棚の整理をしたり、ぽそこんしたり、お休みを楽しんでいます。


今日のお料理は【ザワークラウト】ドイツ料理なのかな?ソーセージなどの横に付け合わせている酸っぱいキャベツです。




【ザワークラウト】『作り方


1。キャベツは芯を取り、よく洗って、ザクザク刻む。

2。キャベツをバターで軽く炒め、塩コショウして、ひたひたのお水とコンソメキューブ1個、米酢を入れて弱火で煮る。20分くらいかな?もっとクタクタになるまで煮ても、おいしいです。米酢の量は大さじ1杯弱くらい。お好みで加減してください。 ワインビネガーでも良いです。高級な味になります。

3。仕上げにカルピスの原液を大さじ1杯くらい入れて、味を整える。


ヽ(*´▽)ノ♪出来上がり。冷やしてもおいしいです。

また、キャベツを炒めるときにベーコンを入れると、付け合わせじゃなくて「一品料理」になります。


(^_-)-☆ キャベツがたっくさん食べられます。どうぞお試しください。



(´-ω-`) この『ザワークラウト』、『ザワークラフト』と言いまつがいする方が、かならずいます。クラフトは手芸ですよ(笑)


と言うことで(?)、手芸とも言えませんけど、厚手の折り紙で、鍋敷きを作りました。渋い色合いでしょ(笑)おばあちゃんにあげました。急須を載せてくれました♪



ヾ( ´ー`)ノ~ それでは、また!

カルピスを使ったレシピ&コギコ。 [お料理]

2011091813270000.jpg2011091711360000.jpg2011100820480000.jpg2011100120480001.jpg2011100822250000.jpg


(*^_^*) こんにちは。気持ちよい季節になりました。お休みの日は、コギコとお散歩に行くのが楽しみです。



( '∇^*)^☆ 最近、カルピスをお料理に使うことに凝っています。カルピスって甘酸っぱくておいしいですよね。


(*´艸`) 私のオリジナルレシピをご紹介します。おじいちゃんおばあちゃんにも好評です♪


p(*^-^*)q カルピスは薄めないで、トロッとした原液のままで使います。(カリメロさん、ご指摘ありがとうございます!)



【鶏肉のカルピス味噌焼き】

1。カルピス1/4カップと味噌1/4カップを合わせておく。

2。鶏もも肉1枚を1に漬け込む。3時間くらい置く。

3。オリーブ油で2を焼いて、最後に残ったタレをからめる。つけあわせには、蓮根シイタケ人参を焼いて軽く塩コショウしたものや、茹でたブロッコリー添える。



カラフルカルピス納豆】

1。人参とピーマンをバターで炒め、とき卵を加えてさらに炒める。軽く塩コショウする。

2。納豆にカルピス大さじ1・しょうゆ大さじ1・マヨネーズ大さじ1を混ぜておく。

3。2に1を加えて、出来上がり。


( ・∇・) カルピスは発酵食品なので、お味噌や納豆によく合います。他にも煮豚のタレやパスタの味つけに使っています。



(〃´o`)=3 さて…今夜も試験勉強、頑張らなくちゃ。

それでは、また。。。


( ´∀`)/~~ (^・エ・^)


りなみ&コギコ。

さかさまカレー、別宅コギコ。 [お料理]

2011090322480000.jpg2011090322450000.jpg


(*´∀`)♪お久しぶりです。皆さま、お元気でしょうか。9月に入り、秋の気配がしてきましたね。リリリ…リリリ…虫の声がしています。


(^・エ・^)2011年夏の大事件!!大好きなおじいちゃんおばあちゃんが、りなみ宅のすぐ近くに引っ越してきました。コギコは入り浸っております。写真はふたりのベッドを占拠しているコギコです。

私も心強いですし、いままで以上にお料理を作るのが楽しくなりました。



(*゜ー゜*)今日は、おじいちゃんおばあちゃんにも好評だった新作レシピをご紹介します。



【さかさまカレー】

材料。

ご飯・豚ひき肉・ニンジンやピーマンなど・カレー粉・小麦粉・バター・牛乳・・塩コショウ・溶けるチーズ・卵。


作り方

1。卵を茹でて、温泉卵にする。

2。豚ひき肉とニンジンやピーマンなどありあわせの野菜を炒める。ご飯を入れてさらに炒め、ドライカレーを作る。

3。バター、小麦粉、牛乳、塩コショウでホワイトソースを作る。

4。ドライカレーの中央を窪ませて、温泉卵を割り入れ、溶けるチーズをのせる。ホワイトソースをかけて出来上がり。



(*´艸`)普通のカレーライスとは色合いが逆なので【さかさまカレー】と名づけました。サラダや浅漬けを添えると、ランチにピッタリです。



(´-ω-`)『新・眉犬本舗』秋からはもっと更新したいなぁ…と思っています。


それでは、またね。


ヾ( ´ー`)ノ~ (^・エ・^)


りなみ&コギコ。

たけのこ和風パスタ・コギコつき。 [お料理]

2011061215550000.jpg2011061215530000.jpg

(*´∀`)♪こんにちは。お久しぶりです。みなさま、お元気でしょうか。私は体調が少し良くなってきたみたいです。

n('ー')n 季節はすっかり梅雨ですね。。。カエルが鳴いています。日に日に紫陽花が色づいていきます。


(^・エ・^) コギコは相変わらず食欲旺盛で元気です。写真でイカを狙っていますが、もちろんあげません(笑)



(人´ω`) コギコの散歩コースに、無人の農産物直売所があって、よく皮つきのたけのこを売っています。たけのこご飯も良いのですけど、和風パスタを作ってみました。


【たけのこ和風パスタの作り方

1。たけのこは皮を剥き、小麦粉を入れた水でゆでてアク抜きしておく。食べやすい大きさに切る。

2。オリーブ油にニンニクのみじん切りを入れて炒める。香りが出たらたけのこを入れて、さらに炒める。シーチキン1缶と、パスタのゆで汁、めんつゆを入れて味を整える。

3。グリーンアスパラミニサイズ(スナップえんどう・モロッコいんげんでもよい)をゆでておく。

4。パスタをゆでる。

5。ゆでたてのパスタに2と3をからめる。


(´ρ`)とっても簡単ですが、おいしいです♪




nowreading『心はあなたのもとに』“I'll always be with you,always”村上龍

「どんなに大切な人でもずっといっしょにいるわけにはいかない」という言葉が繰り返し出てきます。恋愛小説であり、いわゆる難病ものですが、それだけで終わらない…生きることの意味と承認を問う小説でした。最後は泣けました。


それでは…また。



りなみ&コギコ。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。